《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。



《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:210410

ママは何でも自分で作る人でした。
スーパーで売っている出来合いの惣菜や、
インスタント食品は我が家では禁止。

その頃、
テレビでインスタントの塩ラーメンやカレーの宣伝が
盛んに流れていました。

ダメと言われるとよけい食べたくなるもので、
テレビのCMを見るたびに、
いつも食べたいと指をくわえていました。

お菓子なら目を盗んで買い食いできましたが、
ごはんのおかずは何でも一から手作りされてしまい、
息子にとってはいつも残念な気分でした。

お兄さんとは並んでよく料理の手伝いをしました。
ゴマを香ばしくすったり、
茹でたじゃがいもの皮を剥いてマッシュするのは
息子の係りだと思っていましたから…
 
ママは必ず自分で作ったものを、
一番おいしい状態で食べさせてくれました。
それが当たり前という感覚だったようです。

得意の天ぷらは必ず熱いまま食卓に出てきました。
狭い台所だったのに、まるで魔法のように
次から次へと揚げたてが並ぶのです。

揚げたてを
おいしいうちに食べさせてあげたいというママの思いは、
そのまま料理のおいしさになっていたと思います。

お父さんはサラリーマンで、
連日だいたい決まった時間に帰宅しました。

お父さんが風呂から上がると家族そろっての夕食。
お父さんには僕たちとは違う一品が付いていました。

今思えばその一品は晩酌用のお酒の肴だったのでしょう。
素材そのものが違うこともありました。

例えば、
僕たちがあじの焼き魚の時、お父さんは蒸しかれいという具合い。

たまにお父さんがほんの少し料理を分けてくれるのですが、
それがすごく嬉しかったことを覚えています。

我が家には「お父さんの一品」が
いつも自然なものとして食卓に存在したのです。